日記など


by tamariya

<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

積石塚古墳

この春、カナダの娘の所に行った折、考古学者で元、明治大学教授の
大塚初重先生より贈呈された『弱きものの生き方』という五木寛之さん
との対談集を読んだ。

何故この本が娘の所に贈呈されたかは、2年前の夏T子さんという
お嬢さんが娘の所に1ヶ月ほどホームステーしたことがある。

そのT子さんのおじい様が私たちの郷土静岡の「登呂遺跡」を発掘された
大塚先生だったのだ。

その大塚先生が8月3日、浜松で講演されると「広報」に出ていた。
全国でも数少ない貴重な積石塚古墳が発掘、復元されたのを記念しての
講演会である。

俄か考古学愛好者で申し訳ないがお話を聞こうと思っている。
[PR]
by tamariya | 2008-06-19 21:00

初夏の栂池

打撲した足も9分通り治ったので前々から約束してあった栂池高原に
水芭蕉を見に行った。

例の写真家3人と6時間近く掛って昼近くに到着。残念ながら水芭蕉は
少しだけ咲いていただけだったが素晴らしい天候だった。

写真屋さんには申し訳ないがこんな天気は滅多にあるものではない。
今はもう果たせない往時の山行を想い、郷愁に浸りきった。

『ここに白馬三山」』の写真を入れようと思って苦闘したができない。
Kさんたすけてー・・・・・・・・
[PR]
by tamariya | 2008-06-18 14:45
5mm…  たった5mmの敷居に躓いて転倒するなんて・・・
昔しゃあ3,000mの山を闊歩したと言うのにたった5mmで転倒した。

足首を捻り右肘から廊下に落下した。声も出ないほど痛かった。
パートナーは脳卒中で倒れたと思ったらしい。救急車かと思った
そうだ。

脚の筋力が落ちてきているのは暫らく前から感じては居たがゴルフ
場でも結構歩けるし、歳の割りには若いんだぞー と思っていたが
やはりそれなりの老化はしているんだと納得した。

口うるさく言うパートナーの言う事をよく聞いて階段の昇り降りには
手すりにつかまろう。胸を張って遠方ばかり見ないで足元をよく見て
歩こう。

パートナーに背をまるめるな!!胸張って歩け!!と言い続けても
一向にきかなかったのは己を良く知っての自衛だったのか。

背の丸いのはみっともないけど転んで怪我するよりは・・・と我慢しよう。
昨夜は痛くて歩けなかったが今日は大分良くなった。2^3日すれば
元気になるだろう。
[PR]
by tamariya | 2008-06-04 17:01

梅雨入り

例年より十日も早く梅雨入りだとか。 今日も朝からそれらしい降り方を
している。幸い、夏みかんも梅も収穫を終えてあったから良かったが庭
は除草する間も無く、庭木の剪定もまだでまるで無人の棲家だ。

花粉症が殊の外ひどく元気がでない。いつも夜おそく、電話のある娘から
早い時間に電話があった。何事ならんと思いきや まるで見ていたかのよ  
うに梅が欲しいという。

そのついでに花粉症のことも心配してくれて『免疫力が落ちて居るのだか
ら防塵眼鏡とマスクをしたら?』と言ってくれた。

もうすでに試した事だが全然効果は無い。この上は防毒マスクかな?
ともかく老人夫婦の様子を伺いに度々電話をしてくれるのは大変有難い。

早速に収穫したばかりの梅と夏みかんを送った。
[PR]
by tamariya | 2008-06-03 12:10